シミ 防止

シミ対策といえばハイドロキノン抜きには語れない

しみ防止&抹殺!コスメジャンキーの覚書き

 

メラニン色素、という色素がお肌のシミ、そばかすの主な原因の色素です。

 

ハイドロキノンは、この、メラミン色素を合成する酵素を阻害する物質です。この阻害作用の為、メラミン色素ができにくくなり、お肌のシミそばかすができにくくなるという効果があります。また、できてしまったシミ等の原因のメラミン色素を減少させる効果もあります。

 

紫外線からお肌を守る役目もあります。その美白効果から、お肌の漂白剤と呼ばれています。特に、医療現場で使われる際には、肝斑などの深刻なお肌のシミに対して用いられる事が多いようです。

 

市販のハイドロキノン含有化粧品よりも、高濃度のハイドロキノンを含む医薬品で、肝斑などを治療します。
効果は個人差があります。

 

市販の化粧品でも、年齢に伴うシミそばかすや、老斑などに効果が期待できる様です。また、抗酸化作用があり、シミそばかすの広がりを防ぐ効果があるとの事です。

ハイドロキノンがなぜ肌の漂白剤といわれるのか

ハイドロキノンは、メラミン色素を合成する酵素の阻害剤です。つまり、非常に強い効果を持つ薬剤であると言えます。その為、使い方によっては、副作用が起こる事があります。

 

ハイドロキノンには、メラミン色素の合成を阻害する事で、肌の黒い色を白く変化させる効果があります。この効果の生じ方にムラがあると、肌一面が、白の斑点のように漂白されてしまう事があります。

 

このような事を防ぐためにも、顔に使用する前に、ハイドロキノン含有化粧品を、目立たない腕の一部などに塗って、パッチテストをする事が必要です。腕に塗ってみて異常が現れたら、医師に相談する事です。

 

また、初めてハイドロキノンを肌につける際は、ハイドロキノン含有量の少ない物から試して使って行った方が良いです。

 

ハイドロキノンの副作用には、他にも、刺激性がある、ハイドロキノンをつけて紫外線を浴びると赤みが生じる等の様々な副作用が出る可能性があります。

ネットでもリアル店舗でもハイドロキノンは売られている

代表的な商品は、「ハイドロキノン美白クリーム」「ニキビ跡ケアクリーム」「肝斑対策クリーム」等さまざま市販されています。

 

また、年齢と共に起こる老人性のシミや斑点への対策商品もあります。アンチエイジング化粧品の類になります。これらは、医薬品ではなくあくまで医薬部外品、化粧品です。ドラッグストアの化粧品コーナーでも手軽に入手できます。

 

また、インターネット販売でも多くの種類が売られています。ハイドロキノンの含有率が少ない物から多い物まであります。集中美白とアンチエイジングがハイドロキノンの売りです。

 

また、他の美白成分や、日焼け止め成分と混合した商品もあります。商品を使用する際には、必ず添付の説明書をよく読み、少量から試して使って下さい。

 

また、必ずしも思ったような美白効果が表れるとは限りません。いくつかの商品を試してみて、自分に合う商品を探すのが良いと思います。

同じくビタミンCも美白に必要不可欠

お肌チェックする女性

 

ビタミンCは粘膜の健康維持や代謝機能の維持など様々な場面で人体には必須となります。

 

こうしたビタミンCは肌に使用するものでは高い抗酸化作用を持ち、美白や肌を健康に保つために非常に重要な成分の一つですが、大きな欠点として分子構造が不安定で非常に壊れやすいという点があります。

 

そのため化粧品などにそのまま配合しても肌に浸透する前に壊れてしまい本来の力を発揮できませんが、そこで開発されたのがビタミンC誘導体という成分になります。

 

このビタミンC誘導体はビタミンCが肌に浸透しやすいように導きながら浸透力を高めますが、何よりも大きなメリットとしては体内での酵素反応によりビタミンCに変化するという点です。

 

つまりそのままでは壊れやすく肌にも馴染まないビタミンCを安定化させ、吸収効率を格段に高めたものになりますが、その高い美容効果から化粧水や乳液など各種の化粧品に使用されています。

誘導体という名の強化型ビタミンC

美白効果が期待出来る美容成分は様々なものがありますが、化粧品やサプリメントにも使用され身近なものとしてはビタミンCがよく取り上げられます。

 

こうしたビタミンCの吸収効率をさらに高めたものとしてビタミンC誘導体が化粧品などにも採用されていますが、高い美白効果を得られるとして女性から熱心な指示を得ています。

 

そもそも日焼は強い日光に発生したメラニンが原因となりますが、美白を目指すためにはこのメラニンをどう対処するかが鍵になります。

 

そのためビタミンC誘導体では美白の大敵となるメラニンの精製を抑制し、さらにメラニンの製造過程で生まれる活性酸素の抑制効果を持ちます。

 

また既に日焼けしてしまった肌にはメラニンが発生していますが、ビタミンC誘導体の効果によりメラニンを還元し、肌のターンオーバーが促されるので日焼け後の肌にもビタミンC誘導体はゆこうか美白効果を発揮します。

 

ビタミンCは別名アスコルビン酸といい、シミ対策の医薬品の定番成分でもあります。飲むことで手軽にシミ予防ができるので、使い方によっては塗るタイプのものより効果を実感しやすい部分もありおすすめ。

 

いろんなメーカーからシミ対策の医薬品は売られているので、例えば下記のようなサイトで情報収集するのをおすすめします。

 

■参考サイト
シミを消す薬はこれ!やはり美白効果なら医薬品が有利

トゥヴェールの薬用ホワイトニングローション

ビタミンC誘導体はメラニンの生成を抑制し、シミや黒ずみなどの発生を抑える効果が期待されるので、女性向けの美白化粧品などに多く採用されています。

 

そのため年齢に関わらず10代の女性の日焼けケアから40代以降の女性のアンチエイジングまで様々な場面で活躍していますが、ビタミンC誘導体が入った代表的な商品について見ていきましょう。

 

ここでおすすめしたいのがシミに対する高い効果が支持されているトゥヴェールの薬用ホワイトニングローションがよく知られています。

 

高濃度のビタミンC誘導体を含み、保湿ケアを行いながら日々の日差しで生成されるメラニンの発生を抑え、シミやニキビのケアが出来るので、幅広い層の方々に愛されています。

 

ビタミンC誘導体の入った化粧品は化粧水だけでなくクリームや乳液など様々なものが販売されていますので、ぜひ日々のケアに取り入れて下さい。