子供 大人 ニキビ

年齢によるニキビの違いについてのまとめ

 

思春期のニキビとは違い大人ニキビの場合は、過剰な皮脂などが主な原因ではなく、生活の乱れ、ストレス、食生活の乱れなどと言った生活全般における乱れが原因になっている事が多くなっています。

 

そのような生活の乱れを起こす事で、角質のターンオーバーが上手く働かず、古い角質が毛穴を閉じてしまいニキビになってしまうのです。その他にも、乾燥により角質が固くなってしまい、その結果、毛穴を閉じてしまう事も原因のひとつになってきます。また、大人の場合、特に女性はメイクなどの影響でニキビができてしまう事も多く、スキンケアも非常に大切になってくるのです。

 

このように大人ニキビの場合は、食生活の乱れ、ストレスなどによる事が原因で起こる肌トラブルと言う事ができ、スキンケアだけではなく、それらの乱れから解消する事で大人ニキビを防ぐことができるのです。もちろん、肌の乾燥の防止やメイクをしっかりと落とすなどと言った基礎ケアも大切になっています。

 

皮脂はニキビの大敵?

 

皮脂は、ニキビにとって大敵なものだと思っている人も多いかと思います。そもちろん、非滋賀過剰分泌される事で、ニキビができてしまう事は間違いありませんが、だからと言って、何が何でも皮脂を取り除けばいいと言う事では、決してありません。その為、過度な洗顔もNG行為と言う事が言えるのです。過度な洗顔を行う事で、顔に必要な最低限の皮脂まで取り除いてしまう危険性が高くなっています。

 

その結果、肌が乾燥した状態に。そうなる事で、毛穴が収縮してしまい、反対に皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすい状態になってしまうのです。また、人間は奪われたものは、過剰に分泌しようと頑張る性質があります。その結果、必要な量の皮脂が奪われた肌は、頑張って皮脂を分泌しようとします。そうする事で、結果的に皮脂の多い肌になってしまう危険性が高くなってしまうのです。

 

そのような事から、過度な洗顔によってニキビができやすくなる事が考えられるため、洗顔は、1日1回程度と控える事がおススメです。

 

大人ニキビと生理の深い関係

 

女性の場合の大人ニキビは、生理周期に大きな関係がある場合が多くなっています。一般的に黄体期にニキビができると言われており、その原因には、黄体期にニキビができやすい黄体ホルモンが多く分泌されるからだと言われています。

 

その時期は、排卵後〜月経開始期のちょうど中間あたり。この時期になると黄体ホルモンが多く分泌される事から、大人ニキビができやすくなってしまうのです。

 

このように女性の場合は、自分の生理周期を知る事で、大人ニキビへの対応も可能となっており、例えば、排卵後〜月経開始期、すなわち、生理前の時期になった際、メイクの仕方を変えたり、また、暴飲暴食などニキビができる、その他の原因を作らないなどと言った事を行い、少しでもニキビが出来にくいように心がけるようにします。

 

そうする事で、黄体ホルモンが多く分泌される時期でも、ニキビが出来にくい状態にする事ができるのです。また、生理周期を知る事で、ニキビが出来やすい時期を避け、予定を入れる事も可能になってくるかと思います。