紫外線 影響 シミ

紫外線とシミの切っても切れない深い関係に

南国のビーチと女の子

 

紫外線の影響でシミができることはみなさんもよくご存知だと思います。

 

ではどうやってシミができるのか、紫外線に当たると肌は紫外線から守るためのメラニン色素というものを作ります。これがシミの原因になっているものです。通常肌のターンオーバーが良い場合はシミにならないで消えてくれるのですが、ターンオーバーが乱れているとそのまま蓄積されて茶色いシミとなって出てきます。

 

肌を紫外線から守ってくれているとはいえ、やはりシミになってしまうのは嫌です。紫外線によるシミ以外にもシミができる理由はいくつかあります。

 

洗顔をするときに肌を強くこすっている人がいますが、これもシミになる原因です。コットンで強くたたくように化粧水をつける人も注意しましょう。摩擦や刺激によってシミが発生します。

 

肌荒れで顔がかゆくて掻いてしまう、虫刺されで掻いてしまうというのもシミになりやすくなるので注意しましょう。そしてニキビ跡もそのまま茶色く色素沈着したらシミになってしまいます。

 

化粧品に含まれている成分によってできるシミもあります。紫外線にあたるといけない成分が配合されている場合、シミになります。レモンなどが代表的です。

 

シミ予防に大切なふたつのこと

 

シミを予防するのに一番良い方法は、紫外線を浴びないことと肌をこすったりしないことです。

 

規則正しい生活を送ることも大切です。どれも簡単にできそうで意外とできていないものです。まずは肌をこすらないから実践してください。そして日焼けどめを必ず使いましょう。夏場は日焼けどめだけでは不安ですので、帽子や日傘も活用してください。

 

帽子や日傘を活用することで紫外線をさらにカットすることができます。それでも全ての紫外線を防げているわけではないので、美白コスメを使うなども必要になってきます。美白パックも効果的です。飲む日焼けどめといわれているサプリメントもありますのでそういったものも活用すると良いでしょう。

 

肌の弱い人は、日焼けどめで肌荒れすることもあります。肌に負担の少ないものを選ぶようにしましょう。紫外線吸収剤を配合していないものが肌に優しいです。赤ちゃんでも使えるようなもので石鹸で落とせるものを見つけましょう。

 

顔のシミに有効な化粧品ブランドは

 

顔のシミを何とかしたいと思ったら美白化粧品でも人気のあるものを使いたいと思います。

 

特に人気があるのは資生堂の美白ブランドHAKUです。今あるシミも未来のシミもしっかりケアできる美白コスメです。資生堂の開発した成分が含まれています。4MSKとm-トラネキサム酸の2種類が配合されているのでメラニン色素ができるのを抑制してシミの発生をおさえてくれます。

 

肌の奥までしっかりと浸透してくれる美白成分だからシミがだんだん薄くなっていきます。以前は美白化粧品はシミを予防するものというものがほとんどでしたが、最近はシミを薄くすることができるものも多く発売されているので効果も実感しやすいです。

 

特に医薬部外品になっている美白化粧品はシミを薄くする効果のある成分を高配合しているものも多いのでぜひそのようなものを使ってシミのケアをしてみてください。

 

また皮膚科や美容皮膚科で購入できるドクターズコスメも人気があります。先生が開発しているので効果が高いです。